アセッパー

アセッパーの成分

更新日:

アセッパーの全成分とは?

アセッパーの全成分は以下のようになっています——

澱粉、リンゴエキス末、クロレラ粉末、シャンピニオンエキス(マッシュルーム、デキストリン)、柿渋、大豆抽出物(イソフラボン含有)、緑茶抽出物、コーンシルクエキス、アサイー、カラハリスイカエキス末、コエンザイムQ10、豚胎盤抽出物、安定剤(グァーガム)、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、結晶セルロース、トマト色素

以上で分かる通り、合成着色料、合成保存料、防腐剤、酸化防止剤、合成香料、甘味料、酸味料、乳化剤、膨張剤、光沢剤、増粘剤、安定剤、発色剤、粘着剤、ゲル化剤といった添加物は一切使っていません。人体に負担をかけない成分ばかりなので、肌がデリケートな人でも安心して長期間使えます。

食べ物のエキスがなぜ入っているの?

アセッパーの原料欄に、リンゴ、柿渋、トマトなどのエキスが記されていることを不思議に思われた人もいるかもしれません。

なぜこれらのエキスが配合されているかというと、上記の食べ物にはいずれもポリフェノールが豊富に含まれているからです。

アセッパーの場合、特に配合量の多いのはリンゴエキス。「プロシアニジン」「フラボノイド」「カテキン」「フェノールカルボン」などのポリフェノールが含まれています。

特にプロシアニジンはリンゴのポリフェノールの代表とされる成分。

その作用は——

・抗アレルギー作用
・コレステロール/中性脂肪低下作用
・抗がん作用
・虫歯予防作用
・メラニン生成抑制作用
・消臭効果
・育毛作用
・美白効果
・白内障予防効果

など、広範囲に渡ります。

ではなぜ汗を抑えるのにも有効なのかというと、強い抗酸化作用を持っているため。

手汗などが大量に出てしまうというのは、代謝が悪いから。ポリフェノール成分により代謝が良くなると、汗の分泌も改善され、一回にかく汗の量も減少します。つまり異常に手汗が出ることが少なくなるわけです。

おまけにもともとがフルーツなだけに、副作用の心配もありません。敏感肌の人でも安心です。

代謝と汗の関係とは?

顔から汗が大量に出ていたり、ワイシャツがぐっしょり塗れている人を見ると、「この人は汗っかきだ」と考えてしまいます。

でも意外なことですが、人がかく汗の量というのは誰でも大体同じなのです。ただ、健康な人の場合はいつの間にか体全体からじわじわと汗が出てくるため、服が異常に濡れることなどありません。

では、なぜ汗が異常に出てしまう人がいるのかというと、代謝が悪いから。普段あまり汗をかかないために全身の汗腺が「休眠状態」になっていて、汗が特定の部位からのみ、吹き出してしまうんです。

これで分かる通り、部分的に汗が出る人は、自分でも気づかないうちに体の問題を抱えている可能性があります。

汗をかく異常な状態を改善するためには、休眠状態にある全身の汗腺を運動などで活性化する方法もありますが、それよりまず代謝を上げることが大切。代謝アップで全身に汗をかく体質になれば、顔や手で大量に汗が分泌されることもなくなります。

アセッパーは同種の商品の中でも特に代謝改善に有効です。代謝を高めるポリフェノールをたっぷり含んだフルーツ類を多種に渡って配合しており、継続することで体質を改善してくれます。

-アセッパー

Copyright© 本当に効いた!アセッパーの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.